PHP・プログラム未経験の方へ!エンジニアの概要をご紹介

PHPとPerl【エンジニア求人カンファレンス】

エンジニアとは?

そもそも、エンジニアとはどういう職業か、具体的にイメージできますでしょうか。エンジニアという職業は、役割に応じて、プログラマやシステムエンジニアなど、さらに仕事内容がわかれます。これからPHP求人やPerl求人にチャレンジするにあたり、まずはエンジニアという仕事そのものを理解しておきましょう。

特集

エンジニアの仕事

そもそもエンジニアの仕事はチームワークであり、そのため役割はエンジニアと一口に言っても多数存在します。仕様の調整からプログラミング実装までそれぞれの役割「プログラマー」「アプリケーションエンジニア」「システム管理エンジニア」を解説しました。またキャリアを考える上でそれぞれ目指すべきポイントが有り、人それぞれ多様なキャリア設計があることをお伝えしました。またキャリアを積むにあたって必要なそれぞれの役割に求められる能力は - 取り組む業務内容や顧客のニーズを詳細につかむこと - です。このことを意識して日々の業務に取り組みたいものです。 エンジニアの仕事の続きはこちら

エンジニアの資質

SEとプラグラマーは根本的に別の職業なのです。プログラマーは職人であり、SEはそれを統括するものなのです。まだ日本ではこのあたりの区別が曖昧になっていますが、SEを育成する段階でプログラマーとは分けて教育もなさなければなりません。このあたりもふまえて、これからSEを目指す人は勉強しなければならないですし、教育する側もしっかりと見分ける知識をもたなければならないのです。 エンジニアの資質の続きはこちら

“できるエンジニア”になるために

“できるエンジニア”であるためには今までの自分の殻を捨てなくてはなりません。多くの人は自分の気がつかないうちに周囲からはあまり使えない…と思われているところに気付かず、自分自身で仕事ができると勘違いしがちなのです。そのような状況を打破していくには、本当に“できるエンジニア”と言われている人はどのように活動しているのか、その基本原則を理解していくことが必要不可欠です。今回、10個の“できるエンジニア”の特長を挙げましたがこれら以外にもあなたの近くの“できるエンジニア”の特長を拾えばあなた自身も“できるエンジニア”に近づけます。 “できるエンジニア”になるためにの続きはこちら

エンジニアのための情報システム

SE(システムエンジニア)は、情報システム=man-machine system(マンマシンシステム)であるということをしっかり自覚する必要があります。業務効率を高めるためにコンピュータと人間とをつなぐ役割を担うのがSEであり、プログラミングに長けているプログラマーがすぐに優秀なSEになれるかと言うと必ずしもそうではありません。むしろ、プログラマーとSEは大工と建築士並に全く別物の役職だと言わざるを得ません。
優れたSEを育成するためには、各部署間の円滑な意思伝達を請け負うコミュニケーション能力やプレゼンテーションスキルを高める教育プランが必要なのです。 エンジニアのための情報システムの続きはこちら

PV数の多いサブテーマ