Perlの難易度や学習方法、習得するための秘訣を紹介

PHPとPerl【エンジニア求人カンファレンス】

特集

Perlをマスターするための方法

Perlをマスターするための方法

気になる難易度

Perlとは、どんなものなのでしょうか。IT業界では次々に新しい言語や技術が出てきますが、「Perl」は1987年に誕生した歴史あるプログラミング言語です。この言語の主な良さには、テキスト処理が高速である/コンパイルが不要で、書いたらすぐ動かすことができる/プログラムが読みやすく、ミスを見つけやすい、などが挙げられます。基本的な技術を習得することは、比較的易しい言語です。しかし、その一方で実践に役立たせるための技術の習得は大変。決まった動作をさせるにも人によって書き方がバラバラなので、その意図を正確に読み取ることが難しいのです。

主な学習方法

【短期間でしっかり学習したいならスクールに】
「実践的なスキルを着実に身に着けたい」「なるべく短期間で高いモチベーションで学びたい」という方におすすめなのは、スクールで学ぶことです。スクールで実際に行うことは、受講/実際に手を動かす/周りの生徒や講師に助言してもらう、など。1つのプログラムに対し、多角的に学習できる良さもあります。また、分からないことがあったときには、すぐに周りの人に聞けるのでスキルUPのスピートが早いというメリットもあります。

【自分のペースで学びたいなら独学!】
「忙しくてスクールに通う時間が取れない」「周りに惑わされず自分のペースで学びたい」そんな方におすすめなのは、独学です。ご自身のレベルに合ったサイトや書籍を利用しながら学ぶことができます。

おすすめのサイト

おすすめのサイトはこちら
【Perl基礎入門】
【Perlゼミ】
【2時間半で学ぶPerl】

最短で習得するための秘訣

Perlを学ぶ手段は、大きく分けると独学/スクール/OJT(研修)の3点です。
一般的にプログラマとして一人前になるには3年もの実務経験を要すると言われています。
しかし、勉強方法も、習得までの効率も、人によってさまざまですが、どんな人でも気をつけるべきことは、
(1)成長曲線を理解すること
(2)学ぶことを習慣にすることです。

(1)について。
ここで言う成長曲線とは、「自分の成長度合い」を目に見える形で理解することです。何ができて、何ができないのか。これを正確に理解することで、あと何を学べば一人前になれるのかが見えてきます。基礎を組み合わせたもの、基礎を応用したものを読んだり書けたりできるようになれば、社会で活躍できるようになります。
(2)について。
子どもの頃から重要と言われていることです。IT業界は特に、技術が日進月歩で進化します。そのため、一通り習得したら学ぶことを辞めて良いとはなりません。むしろ、常に勉強し続けないと淘汰されてしまいます。そのため、習慣的に学習をしながら、自分の成長曲線を確認していくことができれば、最短で最高のパフォーマンスができるようになっていくことでしょう。

その他の身につけておきたいスキル

Perlエンジニアにとって必要な知識・スキルは次の通りです。
・Perlのプログラミングスキルは大前提:自分だけで何かしらの成果物を製作できるスキルが必要
・既存のコードを読み解くスキル:歴史のある言語だけに、誰かが書いたコードを正しく読み解くスキルが必要
・すでに公開されているモジュールを組み合わせ、開発するスキル:スピードを求めるプロジェクトに配属された場合、新しく書くコードを減らすためにこのスキルが必要
・Webシステムに関する知識をしっかり持っておく:動的コンテンツをWebで作る際に利用されてきた傾向から、Webシステムについて理解を深めることが必要

PV数の多いサブテーマ